読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

最近(2015~)のAutoCADの外観をクラシック風にする方法。リボンが苦手なら快適になるよ



スポンサーリンク

AutoCADのリボンUI、私は苦手です。
2015辺りからはクラシック外観へ一発で戻すメニューが無くなってしまいました。
でも手動で近づける事が可能です。

この記事は、AutoCAD LT2018で作業しています。

出来上がりイメージ

これがデフォルトのリボンUI

リボンUI、クラシックUIに比べて何となく操作し辛く感じます。
私は殆どコマンドラインから操作するので、並べるアイコンを自分で選べるクラシックUIの方が好きです。

AutoCADのリボンUI

クラシック風外観にするとこんな感じ

AutoCADのクラシック風外観


やり方

1.メニューバーを表示させる

AutoCADの外観をクラシック風にする方法

2.リボンを消す

ツール→パレット→リボンをクリックすると、リボンメニューが消えます。 AutoCADの外観をクラシック風にする方法

3.好きなコマンドを並べる

ツール→ツールバー→AutoCAD LT→任意のコマンドメニューを選択。
例えば「寸法記入」を選択すると、寸法関連のアイコン群が出てきますので、画面の好きな場所に配置します。

AutoCADの外観をクラシック風にする方法

4.現在の外観を、保存する

AutoCADの外観をクラシック風にする方法

AutoCADの外観をクラシック風にする方法

リボンに戻したいなら

簡単に切り替えられます。
画面右下のギアのようなアイコンをクリックしてください。

そこから「製図と注釈」を選ぶと戻ります。

AutoCADをリボンに戻す

© 2017 のぼゆエンジニアリング