BricsCADで、カスタムマクロのアイコンを画面に追加する方法

BricsCAD

BricsCADで、カスタムマクロのアイコンを画面に追加する方法を紹介します。
よく使うマクロを出しておけば、便利です。

スポンサーリンク

完成図

画面左下に、カスタムマクロ(コマンド)のアイコンを追加しました。

今回、画面にアイコンを追加するマクロ

今回の記事では、試しに下記のマクロをアイコンとして登録し、クリック一回で使えるようにします。

^C^Clen;dy;

「長さ編集LENコマンド→ダイナミックDY」を一行で書いています。
実行したら、線分を、傾きを保ったまま伸縮できます。

▼ 動作の様子です。

動作デモ

動作を確認したバージョン

  • BricsCAD Classic V17

私が使用しているのは、三年前に購入したバージョンです。
最新バージョンでは、見た目が同一ではない可能性があるのでご注意ください。

▼ 詳細・最新の情報は下記の公式ヘルプをご覧ください。

では、手順を進めていきます。

カスタマイズ画面を開く

まず、カスタマイズの画面を開きます。

▼ ファイル→カスタマイズをクリックすると画面が開きます。

▼右、左に分かれています。

  • 右ペインは登録されている機能の一覧エリア
  • 左ペインは実際に使用する機能を登録するエリア

……という役割です。

部分CUIファイルを作る

部分CUIファイルを作ります。カスタムする内容だけを記録する容器を作るイメージです。

この作業をしないと、ソフト更新時などにカスタム内容が消える恐れがあります。(メインCUIが上書きされてしまう為)

ファイル名は、任意に決めて下さい。ここでは、MYTOOLとしておきます。

右ペインに、マクロを登録する

これからの流れ

ここからの操作の流れをざっくりと書くと、
「まず右エリアで機能を登録してから、左のエリアで画面に出す機能を選んで追加する」という手順を辿ります。

ツールボックスを作る

ツールバーと書かれたタブを選択し、右ペインに注目して下さい。

先ほど作った部分CUIの名前を右クリック→ツールボックスを追加をクリックします。
マクロなど機能を登録するための器です。名前は、好きに決めて下さい。

ここでは、GROUP1としておきます。

ツールを登録する

追加したツールボックスを右クリックして→ツールを追加をクリックします。

名称やコマンドなどを聞いてくるので、任意に埋めて下さい。
イメージ欄は、アイコンです。画像を当てることもできます。
特にこだわりがなければ、3文字以内の英数字を半角括弧でくくれば、文字がアイコンになります。今回はDYという文字をアイコンにしました。

左ペインに、実際に画面に出したいマクロを追加する

今度は、左ペインで作業します。

部分CUIの名前を右クリック→ツールバーを挿入をクリック。
名前は任意です。今回は、GROUP-Aとしておきます。

次に、作ったGROUP-Aを右クリック→ツールを追加をクリック。

「利用可能なツールを選択」をチェックし、先ほど作ったマクロ「長さ変更」を選択。
OKで閉じます。

あとは、カスタマイズ画面自体をOKで閉じます。

画面の好きな位置に追加する

手順の最終工程です。アイコンが並ぶエリアのどこかで右クリックすると、先ほど作った部分CUIが表示されている筈です。今回はMYTOOLという名前を付けています。

MYTOOLにカーソルを当てると、更にGROUP-Aという先ほど決めたツールバー名が表示されます。それをクリックすると、画面上にアイコンが現れます。

デフォルトでは浮動状態なので、ドラッグして任意の位置に移動すると、画面上に固定されます。

▼ GIFアニメです。画面左下で作業してます。

BricsCADの画面上に、カスタムマクロのアイコンを追加する様子
BricsCADの画面上に、カスタムマクロのアイコンを追加する様子

手順は以上です。
私は間が空くといつも手順を忘れるので、記事にまとめてみました。

参考リンク

詳しい規則などは、下記の公式ヘルプをご覧ください。

Bricsys Help Center
タイトルとURLをコピーしました