AutoCADが捗るコマンド・ショートカット。玄人っぽく操作しよう!

AutoCAD

AutoCADでの作業が捗るコマンド・ショートカットを集めました。

製図作業などでガッツリと図面を描くときに差が出ます。
時間短縮だけじゃなく、アイコンをポチポチするよりも疲れ具合が違う気がします。
基本コマンドに絞っているので、マウス派の人も試してみてほしいです。

カチャカチャ、⌨ターン!で玄人っぽく操作しましょう👍

▼この記事は、AutoCADで使えるコマンドのほんの一部。
公式サイトにはコマンドやショートカットキーがまとめられているので、要チェックです。

AutoCAD キーボード コマンドとショートカット ガイド | オートデスク
『AutoCAD ショートカット キーボード ガイド』では AutoCAD のホットキーとコマンドをご覧いただけます。AutoCAD ソフトウェアでよりすばやく、効率的に作業を行うことができます。
スポンサーリンク

ショートカットキー

図面の切り替え「Ctrl+Tab」

複数の図面ウインドウを切り替えられる。
マウスでクリックしてアクティブにするより速い。

アクティブな図面のみを閉じる「Ctrl+F4」

1.dwgと2.dwgを開いていて、1.dwgがアクティブだったとする。
その状態で「Ctrl+F4」を押すと、1.dwgだけを閉じられる。

図面の上書き保存「Ctrl+s」

他のオフィス系ソフトでもおなじみ。
CADにバックアップ機能はあるけど、定期的に押しておきたい。

図面の別名保存「Ctrl+shift+s」

別ファイルとして、名前と保存場所を指定、保存できる。

基点コピー「Ctrl+shift+c」

1.dwgと2.dwgを開いていて、1.dwgの図形を2.dwgにコピペしたいときに使う。
このショートカットキーを押下した後、まず基準点を指定し、コピペしたい図形を選択する。

印刷画面呼び出し「Ctrl+p」

印刷画面がでてくる。
ファイル⇒印刷よりも速い。

(要設定)クイック選択「shift+q」

線種や色でフィルターをかけて選択できる「クイック選択」を呼び出す。
これはデフォルトではショートカットキーは無い。
私の場合は、「shift+q」に設定している。

設定方法

こちらにくわしく書かれているので、参照してみてください。
カスタマイズウインドウは、コマンド「cui」でも呼び出せます。

ショートカット キーをカスタマイズするには | AutoCAD LT 2016 | Autodesk Knowledge Network
コマンドのキーボード ショートカットを作成または変更し、参照リストを表示または印刷します。 (CUI)エディタを表示する タブ パネル をクリックします。 ショートカット キーを作成、修正する タブのペインで、ノードの横のプラス(+)記号をクリックして展開します。 ノードの横のプラス(+)記号をクリックして展開します...

コマンド

とりあえず全体表示「Z→A」

z (エンターキーターン!) A (エンターキーターン!)と流れるように打つのがポイント。

図面の一部で作業していて、全体をみたくなったとき。
一瞬で表示できる。

zはzoomコマンドを呼び出す。
次のaは、分岐したメニューうち、「全体表示」のコマンド。

任意の範囲を拡大「Z→w」

これもズームの分岐メニューから、窓枠で拡大表示範囲を指定できる。

プロパティをコピペ「ma」

オブジェクトのプロパティをコピペできる。エクセルでいう「書式のコピー/貼り付け」のような機能。
例えば赤い線と白い線があったとして、ma実行⇒赤い線をクリック⇒白い線をクリックすると、白い線が赤くなる。

直線を引く「l(エル)」

直線(line)コマンドが呼び出せる。

オフセット「o」

作図には欠かせないオフセット。
アイコンクリックより速い。

図形の伸び縮みストレッチの「s」

編集には欠かせないストレッチ。
アイコンクリックより速い。

線の伸縮「tr」

「tr」は線を任意のオブジェクトでカットするためのトリムコマンド。

逆に伸ばしたくなった時は、shiftキーを押しながら線をクリックするとよい。
※AutoCAD2010以降なら可能。

移動「m」

移動(move)コマンドが呼び出せる。
アイコンクリックより速い。

複写「cp」

複写(copy)コマンドが呼び出せる。
アイコンクリックより速い。

グループ化「g」

グループ化したい図形を選択後、コマンドラインにgと打ち込む。
一瞬でグループ化できる。
※バージョンによりできない場合あり。

面取り「cha」

面取コマンドが呼び出せる。

フィレット「f」

こちらは角丸め。

自由な線の伸縮 「len→dy」

トリムよりも自由に線を伸び縮みさせることができる。
長さ変更(lengthen)コマンドから、分岐メニューでdyを選択する。

図面データをダイエット「pu」

パージコマンド。
使っていないレイヤやシンボル、寸法スタイルなどを消すことができる。
ファイルサイズを軽くできるが、シンボルとか残しておかないとダメな時は、使わないでください。

タイトルとURLをコピーしました