Ubuntu 20.04 LTSを古いPCにインストールした流れと感想

ライフハック

動かしたいソフトの動作OSがLinuxのため、古いノートPCにUbuntu 20.04 LTS をインストールしました。
私はずっとWindowsユーザーなので恐々と取り掛かりましたが、すんなり完了して安心しました。

この記事では私の様に初めての方にむけて、インストールの流れや感想を紹介します。

スポンサーリンク

PCのスペック

8年ほど前に買ったDellのPCです。Windows7がインストールされており、処分しようと思いつつしまいこんでいました。

  • OS:Windows7 64-bit
  • CPU:intel Core i5-3230M 2.60 GHz
  • HDD:500 GB
  • メモリ:6 GB
  • 解像度:1366×768
  • グラフィック:オンボード

Ubuntuとは

Linuxをベースに開発されたOSで、無償です。
詳しくは、Ubuntuサイトの解説がわかりやすいです。

Ubuntuとは | Ubuntu Japanese Team
Desktop features | Ubuntu
Learn about all the great features and default applications in the Ubuntu desktop operating system.

Ubuntu インストールの流れ

インストールの流れは下記の通りです。

Ubuntu インストールの流れ

参考サイト

インストール方法は、下記のサイトが参考になりました。

インストールの補足

少し補足です。

起動USBは、フォーマットされます

上述の流れの2.で作る起動USBですが、作成時にUSBメモリーのデータはフォーマットされるのでご注意ください。抹消されるので大事なデータは、別の場所に移して下さい。

▼ 私の場合は空いてるUSBメモリが無かったので、新規購入。大容量でも安価なので、多めの32 GBを買いました。(実際の起動データのサイズは2.53 GBでした)

起動USBの作成は、Rufusというソフトを使いました

起動USBの作成には、Rufusというソフトを使いました。

窓の杜
「Rufus」ブート可能なISOイメージファイルをもとにブータブルUSBメモリを簡単に作成

使い方はとても簡単です。USBを挿してソフトを立ち上げ、ダウンロードしたubuntuのisoファイルを選択・指定し、スタートボタンを押したらあとはお任せです。

Rufusの設定画面
Rufusの設定画面

Installation typeに注意。クリーンインストールされます

インストーラに従って進んでいると、インストールの種類(Installation type)を選択させる画面が出てきます。

“Installation type”のスクリーンショット

選択肢によっては、データは抹消されてクリーンインストールされるのでご注意ください。

当方の環境ではWindows7がインストールされているので、下記項目から選択するようになっていました。

  1. Windows7と共存するか
  2. 全部抹消して新しくUbuntuをインストールするか(Erase disk and install Ubuntu)
  3. その他

私の場合は古いPCのデータはもう不要なので、2番目(Erase disk and install Ubuntu)を選択しました。

日本語入力環境を整える(Mozcを選択)

インストール時の言語選択画面(Welcome)で英語を選択したせいか、インストール直後は日本語入力ができない状態でした。

後から設定をいじると、無事追加できました。

SettingRegion&Language を選択すると、中段に”Input Sourse”という設定項目がでてきます。そこの+(プラス)をクリックしたら、Japaneseが一覧にあるはずなので、クリック。すると更に表示される選択項目から”Japanese (Mozc)”を選択しました。

Region Language”設定のスクリーンショット

Mozcは、Googleが開発した日本語入力ソフトのオープンソース版です。

もしMozcがなかったら、プラスの下側の”Manage Installed Language”をクリックすると、環境が足りなかったらダウンロードを促すダイアログが出ます。OKすれば良きに計らってくれます。

ダウンロード後も選択できなかったら、多分再起動すれば大丈夫だと思います。(電源落としたり色々触っているうちに解決したので、スクリーンショットは取りそびれてしまいました)

感想

Linux系のOSは、ラズベリーパイで少し触った程度であまり馴染みがありませんでした。今回じっくり色々触ってみると、一般的な操作はほとんどGUIで出来るし、色々なソフトも使えるし、きれいで使いやすく愛着がわきそうです。

Ubuntuのスクリーンショット
Ubuntu デスクトップ画面のスクリーンショット
タイトルとURLをコピーしました