のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

「『3面図が読める』とはどういうこと?」考えてみました



スポンサーリンク

「『3面図が読める』とはどういうこと?」考えてみました

お問合せを頂いたので、回答を記事にしました。

先日、お問合せフォームから記事のリクエストを頂きました。

頂いたお題は、 『3面図が読める』とはどういうこと?

そもそも三面図とは
話に入る前に、三面図を定義しておきます。
その名の通り、立体を二次元的に表した図面です。

こういう感じ。 サンプル


自分に置き換えて考えると、以下の2つの項目が把握できたとき。
初めて「自分、まぁ図面よめてんじゃね」と思えるようになりました。

1. 立体形状を把握できる

当然ですが、まずは三面図から形を想像せねば始まりません。
「3面図が読める」というからには、これが第一の事項です。

正面や側面図から、実際の立体形状を三次元的に頭の中で認識する必要があります。

これ自体、昔は時間をかけて習得するスキルの一つであったでしょう。
私は時間がかかりました。

初めて複雑な形状の図面を見た際、なかなか形状のイメージができなかったんです。
実際のモノと見比べて、根気強く訓練してわかるようになりました。
でも時間がかかったのは昔(15年くらい前)だから。

現在は普通にアッセンブリーやパーツは3Dデータが存在するところが多いでしょうし、三面図だけを頼りに形状を予測するほうがレアかもしれません。

ただ、もし二次元図が主流の環境だったとしても、今は大丈夫。

三次元CADが一個人でも気軽に手が届きますから、苦手な人でも訓練時間は大幅にショートカットできます。
理解できない三面図があれば、簡単に自分でモデリング。
そして課題図と見比べる。それを繰り返せば高速で好きなだけ訓練ができます。

ぶっちゃけ、二次元図はわかりづらい

なかなか理解できないと、「自分は空間認識能力が劣っているのか?向いていないのか」と心配になるかもしれません。

しかし。

複雑な形状ほど、三面図から理解しづらいのは当然のことです。
ぶっちゃけ、二次元の図面は、伝える力は弱いです。

同じ図面を見ている人間同士でも、同じ三次元形状がイメージ出来ているとは限りませんからね。

余談になりますが、MBD

「MBD」が当たり前だったら、三面図の訓練も特段必要のないモノになるんでしょう。
「Model-based definition」(直訳するとモデルベース定義)の略で、一言で言うと、「従来の二次元図面を3Dデータに置き換える」ということです。

段階的に導入している企業もあるようです。
(参考リンク:SOLIDWORKS Short: MBD User Success Stories
SolidworksやInventorなど、最近のバージョンはMBDに対応しています。

本格的にメーカーで導入するには大変なんでしょうけど、私のような個人レベルではプレゼンや小規模なデータ受け渡しなんかで十分役に立っています。
「3Dの絵に直接寸法を入れる」だけでも圧倒的に2D図より分かりやすくなりますからね。

参考に、公式ツイートやリンクを貼っておきます。

2. ツッコミを入れられる

さて、前項のように立体形状をイメージ出来たら、「3面図を読む」という作業においてはほぼ完結です。
ただ、「3面図=図面」なので、「図面を読む」ならばもう一息。

それは、「図面にツッコミを入れること」です。
ツッコミは疑問と言い換えても良いです。

  • あれ?コレどうやって加工してるんだろ?
  • 組み立て順序はどうなってるんだ?


など、読み手が感じた疑問やツッコミは、客観的視点としてとても重要です。

私は以前は疑問が湧いても、
「自分の読図力や知識がないからではないか」と疑問を封印してしまいがちでした。

しかし読み手が疑問をもったということは、図面に情報が足りていないという事。

組図にしろ部品図にしろ、自分が見ている図面が100%正しいとは限りません。

疑問やツッコミを入れるという事は、前提となる設計知識があろうとなかろうと、「主体的に図面を読んでいる」と言えます。

以上、「『3面図が読める』とはどういうこと?」という頂いたお題で考えてみました。

関連記事

© 2018 のぼゆエンジニアリング
About記事一覧お問合せ