Autodesk Inventor

3D CAD「Autodesk Inventor」で、製図を大幅に手抜きできたよ!まずは2Dの補助でも価値あり

先日、3D CAD「Autodesk Inventor Professional」(2019)を導入しました。 個人事業主の私にとっては高めの出費でしたが、大満足です。 入れて早速、製図時間を元の半分以上減らせました。
お知らせ

noteマガジン「裏・のぼゆエンジニアリング」始めます

あけましておめでとうございます。 ふと思い立って、noteを始めることにしました。
その他

ブログ3年目の振り返り

ブログ3年目の年末です。 読者の皆さま、ありがとうございます。 年末なので、ブログの一年を振り返りました。
材料力学

ブラウザで材料力学のSFD・BMDがかけるツール。SkyCiv「Free Online Beam Calculator」が便利

材料力学のせん断力図・曲げモーメント図が、無料でブラウザ上で描けます。 SkyCiv社のクラウド解析ツール、「Free Online Beam Calculator」を紹介します。
電子工作など

「国際宇宙ステーションは今どこ?」話しかけると、場所を音声で答えてくれる。AIY Voice Kit 2.0を使った製作方法を説明します

「国際宇宙ステーションはどこ?」と声をかけると、位置を声で教えてくれる仕組みを作ってみました。日本語で答えます。 スピーカーはGoogle AIY Voice Kit 2.0を使いました。
CAD

Fusion360で、中華料理のテイクアウト容器風のミニチュアを作ってみた。検討から展開図までの方法を紹介します

海外ドラマでたまに見る、白い中華料理のお持ち帰り容器。 あれをFusion360で検討して、ミニチュアを作ってみました。 構造の検討から展開図作成まで、Fusion360での過程を紹介します。
電子工作など

Google AIY Voice Kit 2.0 に日本語で任意の言葉を話しかけて、指定した返答を読み上げてもらう方法

2018年の夏に発売された、Google AIY Voice Kit V2を購入しました。 これに日本語で任意の言葉を話しかけて、指定した答えを日本語音声で返してもらう方法を紹介します。
CAD

Fusion360で、アルミフレーム構造を直感的に検討。手抜き的ですが、部材の手配まで手数が少ない方法を紹介

Fusion360で、直感的、かつ手早くアルミフレーム構造を検討する方法を紹介します。操作動画を作ってみました。 自己流の一例ですが、部品手配数の集計までサクっとできるので、時間がない時によく使っています。
解説記事

「PhET」で勉強を進めてみよう。浮力編

無料のシミュレーション教材「PhET」を、浮力の解説に活用してみました。
解説記事

浮力とは?計算問題をさくっと解くための公式とポイントを解説します

浮力の基本的な計算問題は、要点を押さえれば、簡単に解けます。 そこで、計算に最低限必要な式を整理しながら、ポイントを解説してみます。 初めて勉強する人や、参考書で詰まってしまった人に向けて書きました。
タイトルとURLをコピーしました