Fusion360で、中華料理のテイクアウト容器風のミニチュアを作ってみた。検討から展開図までの方法を紹介します

CAD

海外ドラマでたまに見る、白い中華料理のお持ち帰り容器。
あれをFusion360で検討して、ミニチュアを作ってみました。
構造の検討から展開図作成まで、Fusion360での過程を紹介します。

スポンサーリンク

作ったもの

海外ドラマでたまに見る、白い中華料理のお持ち帰り容器。
見た目はソレっぽく出来た気がしますw

なお、あくまで見た目を似せただけなので、ホンモノの展開図と同一ではありません。

1.パッチ(サーフェス)で外観を描く

まずは、「どんな見た目にしたいか」を第一に考えます。
パッチ(サーフェス)機能でどんどん、形にしていきます。

展開図がどうとかは、まだ全く考えなくてOKです。

こうすると、直感的に検討が進められます。

2.厚み付けをしながら、分割構造を考える

外観が決まったら、次は分割構造を考えます。
まだ細かいフランジ(糊代)は考えなくて良いです。

厚み付けをしていくと、板厚を加味した検討ができます。
今回は薄いので気にしなくてもよいのですが、板金や段ボール、厚紙の際は考慮しないといけません。

ただし、テキトーでOK
ここで厚み付けしたbodyは、あくまで検討用です。後々非表示にしてしまいます。

構造を忘れたら、都度表示して確認します。

今回は、3つの部品に分割することにしました。

3.シートメタルでフランジを付けていく

おおまかな構造が決まってきました。
ここでやっと、「シートメタル作業空間」で板金化していきます。

まず板厚とK係数を設定

「修正」→「シートメタル規則」で板厚とK係数を設定します。

今回は普通の紙なので、板厚 0.144mm、
K係数は、半分として0.5に設定しました。

▼ちなみに、この紙を使いました。
コピー用紙よりは厚く、ハガキほどは分厚くないので扱いやすいです。

K係数とは、板厚と中立線との比です。
書いた板金データを展開する際の寸法に関わってきます。

このサイトがわかりやすいです。(英語)

ベースになる面をスケッチ→板金化

始めに書いたサーフェスを表示して、ベースになる面をクリック。
「スケッチ」→「プロジェクト」でサーフェス形状を拾う。

「作成」→「フランジ」でスケッチをクリックして、板金化。

フランジをかいていく

糊代をかんがえて、フランジを作っていきます。

フランジが干渉する箇所は、面取りするかオフセットするかで逃げてください。

SolidworksやInventor並みに細かいことはできませんので、おおらかな気持ちですすめてください。

ミラーを使いながら、この調子で板金化をちまちま進めていきます。

4.展開して、CADデータとして保存して印刷。

「フラットパターン」で展開して、スケッチを作る。

「シートメタル」作業空間で、「修正」→「フラットパターン」を選択。
ベースとなる面をクリックしてOKを押すと、展開されます。

その状態でスケッチを作成する。
「スケッチ」→「投影」→「プロジェクト」で曲げラインや外形線を投影できます。

あとは、作ったスケッチを右クリック→「DXF形式で保存」を選択します。
するとPCのローカルフォルダに保存できます。

このヘルプページを参考にしました。

フラットパターンのDXFエクスポートはエラーで機能しない?

「フラットパターン」で展開すると、画面の上側に「DXFエクスポート」というボタンが現れます。
しかしこれを押しても、壊れたDXFが生成されてしまい、機能しませんでした。
解決策としては、上記の方法(「フラットパターン」で展開して、スケッチを作る)で対処できます。

5.順次展開して、印刷する。

現時点(2018/11/1)のFusion360では、1ファイルにつき1つのフラットパターンしか存在ができません。
複数パーツがある場合は、前のフラットパターンを消して新しく作成するのを繰り返してください。

「DXF形式で保存」したDXFは、2DCADで読み込んで印刷しました。

▼私はBricsCADという2DCADを使っています。

▼印刷した。

6.完成。あとは組み立てる

あとは、カッターで切って組み立てるだけ。

さいごに。板金機能(シートメタル)はそこそこ使えるけど機能がもっとほしい

Fusion360の板金機能、なかなか便利です。
ちょっとした工作には使えそうです。

ただ、本格的に円筒エルボや円錐形など製缶検討をしようとするとできないので、もっと機能が増えればうれしいなあ

まずは板金変換機能があればよいなと思いました。
シェルからコーナーのエッジを指定したら、スパッとカットされて、板金化できるあの機能です。

↓こんなの

▼今回は、この紙を使いました。
コピー用紙よりは厚く、ハガキほどは分厚くないので扱いやすいです。

タイトルとURLをコピーしました