Windowsのエクスプローラーをタブ化。「QTTabBar」の設定例と方法を紹介

ライフハック

Windowsのエクスプローラーをタブ化すると、ファイル管理の効率が向上します。
タブ化はデフォルトでは無理ですが、「QTTabBar」というツールを使えば実現可能です。
「QTTabBar」のおすすめ設定と方法を紹介します。

スポンサーリンク

タブ化すると何が良いの?

Windowsのエクスプローラーは、デフォルトでは1つのウィンドウにつき、1つのフォルダしか開けません。

しかしタブ化すると、1つのウィンドウの中で複数のフォルダが見られるので、すっきりと作業ができます。

でも残念ながら、タブ化はWindowの標準機能ではありません。
そこで「QTTabBar」というツールを使います。

「QTTabBar」とは?

Windowsエクスプローラーの機能を拡張するありがたいツールです。

窓の杜、もしくは公式サイトから入手できます。

窓の杜
「QTTabBar」エクスプローラーにタブ切り替え機能を追加できるツールバー
QTTabBar - QuizoApps

▼公式サイトのチュートリアル

インストール ・アンインストール - QuizoApps

おすすめ、超シンプル設定

「QTTabBar」は多機能なので、外見や機能は幾通りにも変えられます。
それ故、最初は何をどうすればよいかわからず、かなり戸惑ってしまいました。

そこで、私の設定を紹介します。

下図をご覧ください。
(環境はWindows10 64bit)

QTTabBarの設定例
  • タブ位置に色をつけて見やすくした
  • フォルダエリアは、背景が白だとまぶしいので水色にした
  • 左側によく使うフォルダを帯にして出した。

これだけでも、とても仕事が快適になりました。

この外観にする方法を紹介していきます。

導入方法

この記事では、Windows10 64bitで動作させています。

1.ダウンロードとインストール

窓の杜、もしくは公式サイトから入手できます。

窓の杜
「QTTabBar」エクスプローラーにタブ切り替え機能を追加できるツールバー
QTTabBar - QuizoApps

ダウンロードしたファイルを実行して、指示に従って進めます。

公式サイトのチュートリアルでも、インストール方法が説明されています。

2.一旦ログオフし、再ログオン

ログオフしてログオンします。

その後、フォルダ(エクスプローラー)を開きます。

3.「QTTabBar」を有効にする

メニューの「表示」をクリックし、「オプション」(文字の部分)をクリック。

出てきたメニューのうち、
「QTタブバー」をクリック。

すると、タブ表示になったのが確認できるはずです。

これで、「QTTabBar」が導入できました。

設定方法

次に、見た目や機能を自分好みに調整していきます。

このツールは色んな事ができますが、とりあえず私の気に入っている外観にする方法を紹介します。

こんな感じに整えていきます。

1.ナビゲーションウィンドウを非表示にする

ナビゲーションウィンドウは邪魔なので消します。

「表示」からオフにできます。

2.タブ位置に色をつけて見やすくする

ツールバーで右クリック→「QTTabBarのオプション」を選択。
左側の「見た目」をクリック。

「ツールバー」タブをクリックする。
「ツールバーの背景色」にチェックを入れて、任意の色に変える。

3.フォルダエリアは、背景が白だとまぶしいので水色にする

ツールバーで右クリック→「QTTabBarのオプション」を選択。
左側の「見た目」をクリック。

「フォルダービュー」タブをクリックする。
「基本の背景色」にチェックを入れて、任意の色に変える。

4.左側によく使うフォルダを帯にして出す

メニューの「表示」をクリックし、「オプション」(文字の部分)をクリック。

出てきたメニューのうち、
「QTコマンドバー(縦)」をクリック。

すると、帯状のエリアが現れます。

あとは、
任意のフォルダを、ドラッグアンドドロップするだけです。

ちなみに、出てきたコマンドバー上で右クリックすると、アイコンの大きさなどカスタマイズできます。

参考リンク

この記事で紹介したのは、機能のほんの一部です。
他にも色々機能がありますので各自いじくってみてください。

ダウンロード

窓の杜、もしくは公式サイトから入手できます。

窓の杜
「QTTabBar」エクスプローラーにタブ切り替え機能を追加できるツールバー
QTTabBar - QuizoApps

チュートリアル

詳しい仕様は、公式サイトのチュートリアルに記載されてます。
QuizoApps

タイトルとURLをコピーしました