のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

Fusion360のdwgデータを「BricsCAD」で読むと編集できない問題。解決する方法があるよ



スポンサーリンク

Fusion360のdwgデータを「BricsCAD」で読むと編集できない問題。解決する方法があるよ

Fusion360からdwgデータをエクスポートし「BricsCAD」で読むと、「見えるけど編集できない」という状態になります。
費用なしに解決できる方法があるので、紹介します。

問題の概要

Fusion360からdwgデータをエクスポートし「BricsCAD」で読むと、「見えるけど編集できない」という状態になります。

分解もできません。

Fusion360で作ったデータを元に2DCADで図面を描きたかったのですが、活用ができず困っていました。

Fusion360のdwgデータを「BricsCAD」で読むと編集できない問題

  • BricsCADのバージョン:Classic(17.2.12)

※ BricsCADとは、AutoCADの互換CADです。詳しくは、別記事にて。



解決策は、別ソフトを2つ中継する

別ソフトを2つ中継することで、対処可能です。

1. dwg出力データを、Trueview(無料ビューワー)で変換する

この工程は、Fusion360の「図面」画面からdwg出力をしたデータを、バージョンを指定して「変換」するのが目的です。

Trueviewを立ち上げて、画面左上部のメニューから「dwg変換」という機能のボタンを探してクリック。

変換設定は、2010形式を指定します。変換したいファイルを指定し、変換ボタンで変換実行します。

dwg出力データを、Trueview(無料ビューワー)で変換



2. Draftsightに読み込んで、加工する

変換ができたら、次にDraftsightという無料CADで先ほど変換したデータを開きます。

それを「Ctrl+A」で全て選択し、xコマンドで分解して下さい。

そして、それをモデル空間にコピペして保存します。
コピー元のシート(ペーパー空間)は不要なので削除してokです。

※ モデル空間へのコピペが必要なのは、ペーパー空間においたままだと、BricsCADで開いた際に分解しきれておらず使い勝手が悪いんです。
気になる方は、試してみて下さい。

Draftsightに読み込んで、加工する



3. BricsCADで開く。編集ももちろん可能

あとは、BricsCADで開くだけ。
線分として認識しますので、編集が可能です。



解決の経緯

ツイッターで、「Draftsightで読めない問題は、ビューワーのdwg変換で保存してから開くと読めるようになる」というツイートを目にしました。

全く同じ方法では解決できませんでしたが、経由してひと手間加えることで編集可能なデータに出来ました。

きっかけになったツイートの引用です。


そして、以下は私が困っていた時のツイート。


ちなみにAutoCAD LTではこの手間を加えなくても、分解コマンドだけで直接データが編集可能にできます。
ただこの為だけにサブスクリプション……は費用的に抵抗があったので解決できてよかったです。

関連記事

© 2018 のぼゆエンジニアリング
About記事一覧お問合せ