のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

好きな形の操作スイッチ(ボタン)を簡単に作る方法



スポンサーリンク

好きな形の大きめ操作スイッチ(ボタン)を簡単に作る方法

好きな形の操作スイッチ(ボタン)を作る方法を紹介します。
スチレンボードとタクトスイッチでそれらしいモノを作る、お手軽工作です。

手作り感満載ですが、部材のほとんどは100円ショップで調達できるのでとにかく簡単です。

電子工作をしていて、大きめ且つ好きな形のボタンが欲しいことがありまして。
市販品(アミューズメント用のプッシュボタンなど)もありますが、そこまで本格的なものは要らんな…… という折にこしらえてみるとチャチさに愛着がわきました。

動作デモ

スイッチの動作デモです。
スイッチを押している間は、箱の右下の緑色のLEDが点灯します。

構造

タクトスイッチをスチレンボードで押してるだけです。
クリック感(押したらカチっと手ごたえのある感じ)やスイッチとしての性能は、タクトスイッチがキッチリ仕事してくれます。

スチレンボードと基板の間にはすきまテープを配置。押下後に反発力でボタンを戻します。

主な材料

  1. タクトスイッチ
  2. すきまテープ
  3. スチレンボード


1.のタクトスイッチ以外は、100円ショップのダイソーで買いました。

タクトスイッチは既に手元にあったものを使いましたが、ごく一般的な部品です。
ネットでも入手でき、例えば秋月電子ならバラなら一個10円ほど。


ばら売りではありませんが、アマゾンにも売っています。 100個入り。

作り方

1. スチレンボードをカット

筐体(外側の箱)を作るため、スチレンボードをカットします。
プリンターがあれば印刷して貼って上からカッターナイフで切ると正確で楽です。
鉛筆で印をつけてもかまいません。

2. スイッチパネルの形をくりぬく

天面のパネルに印をつけ、カッターでくりぬきます。
くりぬいたパーツが、スイッチパネルになります。

できるだけ綺麗にくりぬかないと、エッジがガサガサで後で苦労します。
(汚くカットしてしまったので、後が大変でした)

2.1 デコレーション(デザインを印刷して貼付)

繰りぬいたスイッチパネルを、装飾します。
予めプリンターで印刷しておいたので、それをカットして木工用ボンドで貼りました。

3. タクトスイッチの距離に応じて、かさ上げパネルを貼る

4. すきまテープを貼る

隙間テープは、基板とスイッチパネル、できれば両方に貼付しておくと良いです。
押下したときにズレにくくなります。

基板側のレイアウトに注意して下さい。スポンジが当たる部分には何も部品を置けません。

5. 筐体を組み立てる

外側の箱を組み立てます。
断面にボンドを塗って、貼っていきます。
スチレンボード専用の糊が手元に無かったので木工用ボンドを使いましたが、問題なく貼付できました。

5.1 デコレーション(デザインを印刷して貼付)

予めプリンターで印刷しておいたので、それをカットして木工用ボンドで貼りました。

6. 完成

最後に、カポッと5で作った箱をスイッチパネルに被せれば完成です。

スチレンボードのエッジがギザギザだと、引っ掛かってスイッチが上がってこなかったり、箱ごと浮き上がったりします(笑)
セロテープを貼ったり、カッターでバリ取りしたりと調整が必要です。


© 2019 のぼゆエンジニアリング
About記事一覧お問合せ