のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

ブラウザで材料力学のSFD・BMDがかけるツール。SkyCiv「Free Online Beam Calculator」が便利

材料力学のせん断力図・曲げモーメント図が、無料でブラウザ上で描けます。 SkyCiv社のクラウド解析ツール、「Free Online Beam Calculator」を紹介します。

「国際宇宙ステーションは今どこ?」話しかけると、場所を音声で答えてくれる仕組みを作ってみた。AIY Voice Kit 2.0を使った製作方法を説明します

「国際宇宙ステーションはどこ?」と声をかけると、位置を声で教えてくれる仕組みを作ってみました。日本語で答えます。 スピーカーはGoogle AIY Voice Kit 2.0を使いました。

Fusion360で、中華料理のテイクアウト容器風のミニチュアを作ってみた。検討から展開図までの方法を紹介します

CAD

海外ドラマでたまに見る、白い中華料理のお持ち帰り容器。 あれをFusion360で検討して、ミニチュアを作ってみました。 構造の検討から展開図作成まで、Fusion360での過程を紹介します。

Google AIY Voice Kit 2.0 に日本語で任意の言葉を話しかけて、指定した返答を読み上げてもらう方法

今年(2018年)の夏に発売された、Google AIY Voice Kit V2を購入しました。 これに日本語で任意の言葉を話しかけて、指定した答えを日本語音声で返してもらう方法を紹介します。

Fusion360で、アルミフレーム構造を直感的に検討。手抜き的ですが、部材の手配まで手数が少ない方法を紹介

CAD

Fusion360で、直感的、かつ手早くアルミフレーム構造を検討する方法を紹介します。操作動画を作ってみました。 自己流の一例ですが、部品手配数の集計までサクっとできるので、時間がない時によく使っています。

「PhET」で勉強を進めてみる。浮力編

無料のシミュレーション教材「PhET」を、浮力の解説に活用してみました。

浮力とは?計算問題をさくっと解くための公式とポイントを解説します

浮力の基本的な計算問題は、要点を押さえれば、簡単に解けます。 そこで、計算に最低限必要な式を整理しながら、ポイントを解説してみます。 初めて勉強する人や、参考書で詰まってしまった人に向けて書きました。

無料の教材「PhET(フェット)」を使おう!シミュレーターで理系科目の独学がすごく楽しくなるよ

「PhET」という無料教材 が、すごく楽しいです。 特に中高レベルの理系科目を独学している人におすすめ。 教材といっても教科書のような解説ではなく、シミュレーター。 座学と組み合わせれば、手軽に実感を得られます。

爽快な闘志がわいてくるよ。『 退屈をぶっとばせ!―自分の世界を広げるために本気で遊ぶ』

『 退屈をぶっとばせ!―自分の世界を広げるために本気で遊ぶ』(大網 拓真、渡辺 圭介訳 2018年 オライリー・ジャパン )という本を読みました。

簡易な計算でも、設計時にやっておくと根拠になる。参考例を紹介します

お問合せを頂いたので、回答を記事にしました。

『外科医の世紀 近代医学のあけぼの』メカ設計者のハートに響く熱い本だった

ユルゲン・トールヴァルト著『外科医の世紀 近代医学のあけぼの』(小川道雄訳 2007年 へるす出版)という本を読みました。 医学の発展に感動するのは当然として、メカ設計者として読むと心に響く熱い本でした。 面白さを感じたポイントを紹介します。

技能検定の採寸は、三角スケールより三角定規が使いやすい

技能検定(機械製図CAD作業)のTipsです。

「『3面図が読める』とはどういうこと?」考えてみました

お問合せを頂いたので、回答を記事にしました。

VBA向けテンプレートエンジン「MiniTemplator」の使い方例。簡単にエクセルからCAD用のスクリプトが生成できて感動した!

VBA向けのテンプレエンジン「MiniTemplator」を紹介します。 テンプレートにエクセルから情報を流し込んで、ファイルを生成することができます。

エクセルで作る簡易な部品表の紹介。BOMもどきで部材手配が楽になったよ

簡易な部品表(BOMもどき)をエクセルで作ったので、紹介します。 私が個人的に使っているものです。 モドキとはいえ、直感的にリストアップできて手配漏れが減りました。

事情を知った者勝ち。初心者こそとにかく一次情報へアクセスしよう

零細でも個人事業主になってから仕事の負担が減ったように感じています。(暇だから、はさておき) 一人なので肉体的はしんどいですが、精神的には楽になりました。 なぜでしょう?

BricsCADで風船(バルーン)を入れる方法

機械図面の組立図でよく使う「風船」。 BricsCADでの入れ方を紹介します。

Fusion360のdwgデータを「BricsCAD」で読むと編集できない問題。解決する方法があるよ

Fusion360からdwgデータをエクスポートし「BricsCAD」で読むと、「見えるけど編集できない」という状態になります。 費用なしに解決できる方法があるので、紹介します。

GAOMONのペンタブレット「M106K」を買ってみた。絵を描かなくても、あると楽しいです

ペンタブレットを買いました。 GAOMONというメーカーの「M106K」という機種です。 ペンタブ、絵を書かなくてもあるとなかなか便利で楽しいですよ。 私は、メモパッドとしても活用しています。

ブログ2年目の振り返り

2016年の1月に始めた当ブログも、ぼちぼち更新を続けて2回目の年末です。 いつも読んでくださる皆さま、ありがとうございます。 年末なので、ブログの一年を振り返ってみました。

『要点で学ぶ、デザインの法則150』意識を上流へ上げてくれるよ

『要点で学ぶ、デザインの法則150』という本を読みました。 見開き1テーマで、デザインの法則が解説された本です。 すらすら読めて、面白い本でした。

AutoCAD LTで、大量の図面を処理するスクリプトファイル。エクセルマクロで手間が省けるよ

CAD

AutoCAD LTで大量の図面を処理するには、少し手間がかかります。 そこで、省力化のためにエクセルマクロを書いてみました。

Windowsのエクスプローラーをタブ化。「QTTabBar」の設定例と方法を紹介

Windowsのエクスプローラーをタブ化すると、ファイル管理の効率が向上します。 タブ化はデフォルトでは無理ですが、「QTTabBar」というツールを使えば実現可能です。 「QTTabBar」のおすすめ設定と方法を紹介します。

技能検定(機械製図CAD作業)、実技試験の流れを動画にしました

機械製図技能検定の実技を始めて受験する人向けに、解説動画を作ってみました。

機械設計技術者試験、過去問の進め方。勉強方法がわからなくて、なかなか手がつかない人へ

機械設計技術者試験、過去問の進め方を具体的に書いてみました。

資格試験過去問は、小冊子にすると勉強が捗るよ

私は資格試験の勉強開始時には、まず「過去問の小冊子」を自作しています。 この記事ではそのメリットと作り方を紹介します。

Amazon Music Unlimitedを使ってみた。クラシック音楽を存分に楽しんでいます

2017年11月8日より、Amazon Music Unlimitedが日本でも開始されました。 早速利用しているので、感想を書きました。

材料力学、梁(はり)の分布荷重の計算方法。公式通りの積分で簡単に解けるよ

材料力学で必ず出くわす梁(はり)の問題。 分布荷重の簡単な解き方を説明します。 積分を使いますが、公式通りの計算なので難しくはありません。

【機械力学編】機械設計技術者試験3級向け、ミニ暗記本を作ったよ

機械設計技術者試験3級向けに、よく使う公式を書きだした暗記本を作りました。 今回は、機械力学編です。 A4のコピー用紙1枚で、たたむと小さな本になります。

「動く肖像画」を作りました。人を検知すると笑います。簡単に作れるのでドッキリにいかが?

「動く肖像画」を作ってみました。 人が来ると動き出す仕掛けです。 WindowsとArduinoで簡単に作れるので、作り方を紹介します。

© 2018 のぼゆエンジニアリング
About記事一覧お問合せ