解法ノートでいつでもオン状態に。勉強が無駄にならなくなった。

資格

過去記事でよく「解法ノートを作ろう」と書いている。
これは私が解法ノートにかなり救われて、ありがたみを感じているからだ。
その理由を書いてみる。

スポンサーリンク

その時の納得をとじこめておける!

働きながらの勉強だと、勉強に間ができてしまう。
土日に勉強できたと思ったら、平日は疲れて手つかず。
そして翌週の土日には先週解いた問題がわからなくなっている・・・。
私はそういうことが多々あって、泥の中で走っているような感じだった。

そこで、勉強したときに解ったことをノートにくどいぐらい書き留めておくと、納得した時の感覚をノートに閉じ込めておける
どんなに幼稚で些細なことでもいい。次にノートを開いた自分がすごく感謝することになるのだ。

複数のテキストを使っている時にも役立つ

何冊もテキストを参照しながら進める場合もあるだろう。

過去問題を解くにしても、1冊の参考書にすべてが載っていることは少ないし、複数のテキストを参照することがよくある。

そのときに参照した本とページ数をノートにかいておけば、次にノートを開く自分が感謝してくれるだろう。

合格したあとも役立つ

試験に合格しても、その分野の仕事をすぐに始めない事もあるだろう。

せっかく勉強したのに、時間が経って知識が蒸発してしまう・・・。もったいない。
勉強したことをきっちりと解法ノートとして残しておけば、試験合格当時の自分にすぐに戻ることが出来る

文系の資格であれば、エバーノートでデジタルデータオンリーで残しておくのもスマートかもしれない。
理系資格なら、ノートに式などを見やすく書き、その写真をスマホで取っておくと見やすい。
エバーノートならタグを付けられるので、ガンガン適当に取り込んでおけばいい。

仕事と同様、記録を残すことをぜひ!おすすめする。

関連記事

機械設計技術者試験、過去問の進め方。勉強方法がわからなくて、なかなか手がつかない人へ
機械設計技術者試験、過去問の進め方を具体的に書いてみました。
技術士一次試験で作った、のぼゆの解法ノートの例を公開するよ
過去記事でよく解法ノートを作ろう云々と書いているが、例として私の受験時のノートを晒してみる。自分専用の殴り書きなので受験勉強用の資料としては使えなくて申し訳ないが、雰囲気を伝えたいと思い、公開してみた。
タイトルとURLをコピーしました