のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

時間をコントロールするために必要なことは?何でもプロジェクトとして考えてます



スポンサーリンク

のぼゆエンジニアリング

お問合せを頂いたので、回答を記事にしてみました。

お問い合わせの内容

頂いた概要は、以下の通りです。

「資格の計画と時間管理や仕事なら工数の計算に見積もり
時間をコントロールするために必要なこと、意識すべきことは?」

私は偉そうに言えるほど時間管理のプロではありません。
というかむしろ失敗が多く、見積もりに失敗して損することが多々ありますし…。

でも昔から一人で色々と計画・行動するのが大好きです。

今も零細ながら個人事業主なので、一人で何かしている時間が長いです。

その上で、時間管理について私なりにまとめてみました。

何でもプロジェクトとして考えています

仕事でも資格の勉強でも、何でもプロジェクトとして考えています。
「プロジェクト」なので、期間や目標を計画し定める必要があります。

というのも私は無意識に行動すると、どうも行き当たりばったりになりがちなんです。
その時の気分によって浮き沈みがあって、全てどうでもよくなってしまったり。

そんな自分のコーチとして、計画は必須です。

計画・スケジューリングはやる気があるうちに綿密に行います。

最初の計画さえしてしまえば、あとはそれに従うだけで良いのでかなり楽になります。

過去記事にもつづっていますので、ぜひご覧ください。

▼過去記事



意識していること

すべてを具体的に単純化する

計画時は、できるだけ全ての項目を具体的に単純に考えるようにしています。

例えば資格の勉強なら、意味があるのかとか資格だけではどうたらとか、そんなのは考えません。
それは計画の前段階で考えて、取ると決めた後の計画では単純に「取得」を目的にします。

どうやって勉強を進めるのかも、具体的に考えます。

「過去問をn年間分やる」というのは具体的なようでまだ不十分です。

  • まずは答えを見ずに自力で解くのか
  • 答えや参考書を自由に見て解くのか

計画は自分への指示書だと思って、組むようにしています。



簡単なガントチャートを作る

計画は、記録を残さないと忘れてしまいます。

残し方は色々だと思いますが、私はガントチャートが好きです。

正式な書き方を踏襲する必要はなくて、自分さえわかれば良いのです。

手書きでもOKですが、私はこんな感じでエクセルで簡単なものを作っています。

▼とある制作物の計画です。


最近知ったのですが、WEB上でガントチャートを作れるサービスもあります。

brabio.jp

本来は複数人で使うと真価を発揮するのでしょうけど、一人でも十分役に立っています。

スクリーンショットはこんな感じ



手を動かすのは一番最後。

もちろん手を動かさないと何も進まないのは承知の上です。

しかし、私はあえて「手を動かすのは一番最後」だと思っています。
計画が上流だとしたら、実作業は下流に位置します。

例えば、モノの製作なら。

仕様も詰めずにいきなりCADを触り始めると、時間ばかりが経ちます。
組図や3Dで検討せずにいきなり部品を作り始めると、後から干渉や不具合でコストと時間のロスになります。

そういった事態は上流で避けられるので、計画や段取りに力を入れたいと考えています。 下流は体力的に大変なので、なるべく頭まで使わないように、上流で頑張っておきたいんです。



つまみ食い

例えば何かを製作する場合。

計画の頭から順調に進むとは限らず、絶対どこかでトラブります。
後段階で根本的なトラブルが発覚したら、致命傷です。

個人的な例ですがモノを製作した際のお話です。

部材の調達は、設計完了後の予定。
しかし設計中に重要部材の在庫をふと確認したら、思ったより長納期でした。
設計後に手配してたら、間に合っていなかった……

というような事を防ぐべく、私は各タスクをちょっとずつサワリだけ試すようにしています。
つまみ食いするイメージ。



詰まったら後回しにする

どっかで詰まるタスクが出てきます。

資格の勉強なら不得意分野で嫌気がさしたり。
製作なら正常に動作しないとか。

やっつけてから進みたくなりますが、全体の完成度を挙げるなら後回しにする必要があります。

資格なら、そこを捨てても他に注力すれば合格点に届く可能性があります。



実例:資格の勉強なら

勉強計画を立てる際、意識しなくても理想が入りがちです。
「こうすべき」という厳格さは捨てた方が良いです。多分破綻します。

例えば、「平日も勉強時間に入れて寝ずに毎日勉強すべき」とか。

理想はそうでも、私は無理でした。残業多いし、残業がなくても電車乗るだけで疲れ果てるし……

あまり身体的に負担かけすぎると「意味あるのか」とか余計な考えが浮かんでしまいます。

今の生活スタイルの延長線上で現実的に計画する、のがコツだと考えています。

▼関連記事



実例:仕事では実績もきっちり記録する

仕事では、請負仕事なので見積もりをよく出します。
これが私は悩みの種で、新規の仕事ではなかなか上手くいきません。

負荷の量を読み切れず、少なく見積もって損をしたりします。

請負後は前述のように、「プロジェクト」だと考えて進めるのはもちろんです。

仕事ではそれだけではなくて、案件終了後に一人振り返って実績をつけています。
続けていると、どれだけ計画に理想が入っていたか可視化されるのでお勧めです。

詳細は、過去記事にもつづりましたのでご覧ください。

▼関連記事

© 2017 のぼゆエンジニアリング
About記事一覧お問合せ