読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

第二種電気工事士、複線図のパターンを眺めるミニ本を作りました



スポンサーリンク

複線図のパターンを眺めるミニ本

第二種電気工事士の技能試験(実技)向けに、複線図のパターンを眺めるミニ本を作りました。
A4のコピー用紙1枚で、たたむと小さな本になります。
基本パターンを眺めておくと、定着が早いです。

なにこれ?

複線図を眺める本

複線図の基本パターンをざっくり集めました。
A4のコピー用紙1枚で、たたむと小さな本になります。

私が勉強していた折、勉強に間があいて時間が経つと、複線図のルールを忘れがちでした。

対策として簡単な複線図を眺めて頭を「電工モード」にすべく、このシートを作って眺めていました。
複雑なものは眺めても疲れるので、簡単なパターンを。

★ダウンロード
複線図パターンシート(PDF)




内容

目次

  1. スイッチとランプ
  2. パイロットランプ(常時点灯/異時点滅/同時点滅)
  3. 4路スイッチ
  4. 自動点滅器
  5. フリースペース(任意で回路を書いて下さい)
  6. フリースペース(任意で回路を書いて下さい)

中身はこんな感じ(スクロールできます)


作り方

この記事に作り方を載せています。

折って切ってたたむだけです。

20170513144237

ダウンロード

★ダウンロード
複線図パターンシート(PDF)



もっとたくさんのパターンを練習したいなら


この本は、これでもかと複線図の練習ができます。
合計151の回路を練習することが可能。

「技能試験は公表されるから暗記すれば?」と思うかもしれませんが、理解せずに暗記するのは辛いです。
結局本番で頭が真っ白になりそうです。

たくさんの複線図を書いているうちに、どこかでルールがつかめてきます。
そうなったらもう暗記の必要はありませんし、こなすうちにスピードもついてきます。

改訂履歴

2017/5/13・・新規作成。

関連記事

© 2017 のぼゆエンジニアリング