のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

技能検定(機械製図CAD作業)、実技試験の流れを動画にしました



スポンサーリンク

技能検定(機械製図CAD作業)、実技試験の流れを動画にしました

機械製図技能検定の実技を始めて受験する人向けに、解説動画を作ってみました。

技能検定(機械製図CAD作業)の準備から導入までを、動画にしました。
始めて受験する人には、イメージが湧いて参考にして頂けるのでは!と思います。

内容

準備時間から導入までの流れを、動画で説明してみました。
この動画の流れで導入までこなせば、あとは製図作業に集中できるかと思います。

★2級が対象ですが、3級の方にも流れは参考になると思います。

実演動画では、下記書籍の過去問題をA2サイズに拡大して使いました。
※ 平成26(2014)年度、2級 過去問題(巻末収録の図5-1)です。



動画はこちら

YOUTUBEにおいています。
3分半ほどの動画です。

実演では結構もたついてる所もありますが、落ち着いて作業すれば間に合います。

実技のポイント

改めて解いてみて、感じたポイントを書いておきます。

採寸とトレースが時間泥棒。効率化を!

この試験で一番時間を食うのは、
課題図を読み取って採寸し、CADへトレースする作業」です。

ぶっちゃけ面倒くさいのもあって、時間を食うと同時にとても疲れます。

少しでも労力を減らすよう、CADの操作は不自由なくできるように訓練しておいて下さい。

参考記事

問題文は、課題図に転記しておくこと

問題文と課題図は別紙で供給されます。

問題文と課題図をチラチラ両方みていると、イライラして疲れます。

対策として、問題文に記載の指示事項は、要点を課題図に転記するようにして下さい。



あくまで参考に

当たり前ですが、これは公式動画ではありません。
実際の受験時は、試験管の指示に従ってください。

関連記事

準備時間について

試験開始後の流れ

総合記事

© 2017 のぼゆエンジニアリング
About記事一覧お問合せ