のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

「BricsCAD」でクイック選択をする方法



スポンサーリンク

「BricsCAD」でクイック選択をする方法

クイック選択とは、色など属性条件でフィルターして特定の図形だけを選択する機能です。
AutoCADでよく使っていましたが、もちろん「BricsCAD」にも備わっています。
操作方法が少しだけ違うので、紹介します。


サンプル課題

テキトーにこんな絵を描きました。

この絵から、「緑色の属性を持つ線分」だけを選択します。



1.フィルタする対象範囲を囲む

選択したい図形が属する対象範囲を、囲みます。

図面全体なら「CTRL+A」で一括選択します。

特定の限られた範囲なら、その範囲を選択してやります。



2.プロパティパネルを出す

次に、プロパティパネルを出します。
プロパティパネルは、ショートカットキー「CTRL+1」を押すと出てきます。

その中の「クイック選択アイコン」をクリック。

これで、プロパティパネルが「クイック選択パネル」に切り替わりました。



3.フィルタ条件を指定する

フィルタしたい条件を指定していきます。

サンプル課題は、「緑色の属性を持つ線分」でした。

その場合は、まず図形の種類として「線分」を選択します。

次に、色項目をクリックして、「緑」を指定します。

ちなみに、緑の左の「=(イコール)」は演算子です。
クリックすると、ノットイコールなどに変更することができます。



4.「新規の選択セットに追加」をクリック

条件の入力が終わったら、「新規の選択セットに追加」をクリック。

すると、無事に指定した条件の図形だけが選択されました。

以上です。

AutoCADと少し違いますが、簡単で便利に使えます。

関連記事

© 2017 のぼゆエンジニアリング
About記事一覧お問合せ