読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

リストに挙げた名前のフォルダを、一括して作る。更にファイルをそのフォルダに振り分ける。バッチ処理で一瞬



スポンサーリンク

のぼゆエンジニアリング

PCを整理していて、フォルダをたくさん作る機会があったのでバッチ処理をやってみました。
今までは大量にフォルダを作る時、手作業でひたすらやっていました。
なんてことをしていたんだ・・・

やりたいこと

今回やりたい処理は、下記の通りです。

  • リストに挙げた名前のフォルダを、一気に一瞬で一括して作る。
  • 更に、リストに挙げた単語を含むファイルを、そのフォルダに振り分ける。

図で描くとこんな感じです。

f:id:noboyu:20161009142100p:plain


一つのフォルダに、色んな取引先宛ての書類(見積書だの請求書とか)が入ってたんです。
それを、取引先ごとにフォルダをつくって、そこに書類ファイルを格納したいと思います。

コードはこんな感じ


3行目で、フォルダ名のリストに従ってフォルダを作ります。
4行目では、フォルダ名のリストの単語を含むファイルを、3行目で作ったフォルダに移動しています。

方法

注意
いきなり本番をせず、ローカルのテストフォルダなどでデバッグ(試運転)して下さい。
今回のたった5行のコードでも、最初は余計なこと書いてファイルが行方不明になってしまいました。


  1. 上記のコードをメモ帳にコピペして、保存します。
    拡張子を.BATに変更します。 ファイル名は何でもいいです。huriwake.batとか。

  2. f:id:noboyu:20161009142101p:plain


  3. メモ帳に作りたいフォルダ名を書いて、namelist.txtという名前で保存します。

  4. f:id:noboyu:20161009142102p:plain


  5. 1と2で作ったファイルを、分類したいフォルダの直下に置きます。

  6. f:id:noboyu:20161009142103p:plain


  7. huriwake.batをダブルクリックして実行します。


後回しにしがちな事こそ、価値があるね

むかし、大量の型番のフォルダをつくる事がありました。
そのときは同僚と一生懸命手作業で作っていました。
なんかコマンド的な何かでできるんじゃ?とは思ったものの、調べる時間も無いし後回しにしてしていたんです。

その後もそういう課題にぶつかっても目先の業務に追われていたので、勉強する機会もないまま時間だけをかけ続けていました。

普通に使いこなしてる人には鼻で笑われそうですが、今まで何やってたんだ・・・

本もあります

とりあえず本を買いました。
ネットでもいろんなバッチファイルの例が上がっていますが、スイッチとかの細かいオプションを逐一調べるのは手間ですし、一冊にまとまったものが手元にあるとはかどります。

[改訂新版]Windowsコマンドプロンプトポケットリファレンス

[改訂新版]Windowsコマンドプロンプトポケットリファレンス

この本は、いうなれば単語と基本的な例文が載った辞書です。
あくまで辞書なので、作例は豊富ではなくクックブックのような使い方はできません。

ただ追々、自分でいろいろバッチファイルを書いてみたくなったときに役立つと思います。

© 2017 のぼゆエンジニアリング