のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

エンジニアなら自分の体をさりげなく物差しにしてるよね?



スポンサーリンク

自分の手をものさしにしておくと、便利。

感覚がないと、後で後悔

CADで設計検討していると、距離感覚に無頓着になりがち。 実際はペラペラなのに画面を見てると丈夫に思えたりする。

そんな中、急にCADがないところで50mm寸法変更してくれって言われたら。

安請け合いして後でCADで確認して「やばい、もう余裕なかった」となる。

まぁ50mmは例え話だけど、距離感覚がないとそうなってしまうよね。

さりげないポーズで

「感覚」って聞くとなんか「そういう才能がある人だけの選ばれし者の能力」みたいで疎外感を感じてしまうけど、解決策は簡単。

自分の体を物差しにすれば良いだけだ。

f:id:noboyu:20160703015812p:plain:w450


私のお勧めは50mmと150mm
上の画像の感じで予め自分の体を実測して、覚えておいたらいい。
あとは500mmも便利だ。 机の上に両腕の肘をおけばそれくらいになる。 各自、自分の体格に合わせて調整が必要だ。

ポイントは、さりげないポーズで測ること
手の動作なら、ぱっと手元見ても自然だ。 二の腕とか首の長さだと、なんか恰好が付きづらいので推奨しない。(^^;)

© 2017 のぼゆエンジニアリング
About記事一覧お問合せ