のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

資格試験の勉強に役立った、のぼゆの定番アプリ



スポンサーリンク

前に、理系資格の定型勉強法について書いた。 記事には書ききれなかったがアプリも利用するととても勉強が捗ったので、 使い方の実例を紹介する。

今回紹介するアプリは2つ

  • Evernote

  • CamScanner

どちらも有名なアプリだが、勉強に使った実例として紹介する。

解法ノートに課題が発生!

過去記事の中にこんなことを書いた。

解法ノートを作ります。過去問で解けなかった問題の解き方を自分に分かるように書いておきます。

この解法ノートだが、記事では大学ノートへの記入を勧めている。 実際に解法ノートを作っていると、課題が2つあった。

課題1. 語句の暗記系の解法ノートは、書くのが面倒

計算問題の場合は手書きのほうが数式を書きやすいので良い。
しかし用語の意味などの暗記系問題では日本語を手書きでたくさん書くのはとても手が疲れてしまって、ノートづくりが億劫になってしまった。

課題2. 電車など出先で解法ノートを読みたいが、ノート持ち出すのが面倒

私は厚手の大学ノートを使っていたので、かさ張って面倒に感じるようになった。



Evernote ‐ 暗記系の解法ノートづくりに。

上記の課題1を解決したのが、Evernoteだ。


Evernote
Evernote
開発元:Evernote
無料
posted with アプリーチ

資格試験や試験分野ごとにノートを作り、用語の意味などをどんどん書き込んでいく。
作成にはPCでタイピングすれば、手書きするよりはずっと楽だ。
表や図も貼り付けられるから、ネットや書籍、いろいろな資料からの情報を集約できる。
スマホやタブレットに同じアプリを入れておけば、出先でも確認できるのだ。

例えば、私は技術士一次試験の基礎科目や適性科目で活用した。
特に適性科目は法規メインなので、過去問題を解いて間違えた問題についての法律や解説をエバーノートに打ち込んでおいた。
過去問を数年分解き終わる頃には立派な解法ノートのできあがり。あとはそれを見返すだけで良い。

f:id:noboyu:20160220041015p:plain:w450


CamScanner Free ‐ 計算系解法ノートの持ち運びに。

課題2を解決してくれたのが、CamScannerだ。


CamScanner Free
CamScanner Free
無料
posted with アプリーチ

このアプリをスマホやタブレットに入れると、手軽なスキャナーになる。
大学ノートで作った解法ノートのページの写真を撮ると、綺麗なPDFに変換してくれるのだ。
これで任意のページだけ撮っておけば、分厚いノートを持ち歩かなくて良いので楽だった。

使った実例だ。かなり暗い部屋の条件が悪い環境で撮影したので汚く見えるが、実際はもっときれいだ(笑)

20160220134800


さいごに

単語帳アプリとか勉強アプリを沢山試したが、面倒くさがりな私には続かなかった(笑)
しかし上記のアプリは勉強専用アプリではないが、業務でも使う事があるツールなので仕事の延長で使ったら意外と役に立った。 是非試してほしい。

関連記事

© 2017 のぼゆエンジニアリング
About記事一覧お問合せ