読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

だから私は資格を取る―外野は無視しよう



スポンサーリンク

自分は自分が励まそう

機電系出身以外のルートでこの業界に入ったら、いつも手さぐりで劣等感との戦いです。実際知識で劣っているのは否めませんから…。

そんな時に機械設計にも資格があることを知ってからは、張り合いがでてやる気がでました。 足りない知識をまんべんなく体系的に勉強ができて、自分にも「合格できた」という自信がもらえるんです。

実務に取り組む姿勢も変わります。

あなたが同じ立場で悩んでたら、ぜひこの気持ちを味わってもらいたいです。

しかし資格の勉強の中で、一番困ったことがありました。

冷や水をぶっかける「先輩」のご高説

新しい事始めるときは、黙っていた方が良いです。 理由は、「先輩のお説教」に足を引っ張られるからです。

ネットや当時在籍してた会社で資格に関する勉強法などの情報収集を図りましたが、 得られたのはモチベーションダウンというマイナス要素だけでした。

役立つコンテンツは提供しないくせに、不快な口だけは出す人に本当に消耗させられました。 新しい事始めようともがく人に、まず否定しないと気が済まないんです。

例えば、資格の内容について質問してるのに

  • 資格なんて無駄。就職なんてできない。
  • 資格を目的にするのは間違っていて~
  • 実務のほうが大事だ!現ぬかすな
  • そもそも理系の大学へ行かなかったのが悪い、自己責任、俺はバイトを掛け持ちして~(以下自慢話

機械設計だけではありませんね。簿記だろうが英語だろうが、ネットでは大抵こうなりそうです。まだ後者は勉強のコンテンツが充実しているだけマシですが。

こういうこという人って、ちゃんと機電系の大学出て、新卒入社して経験を積ませてもらえた人たち。 実務では尊敬してるのに、残念な気持ちになりました。

既得権益にあぐらをかいたおっさんが、質問者を見下して踏みつけていらない説教を聞かせる、よくある構図です。 機械設計はおっさん率が高いので、へたに掲示板とかで質問してしまうと情報は得られず不快な思いだけをするハメになります。

立場もモチベーションも違う人たちの意見に左右されるのはナンセンスです。

のぼゆエンジニアリングは全力で応援します!

孤独な独習者は、まだ自信がないので外野のヤジも立派な意見に聞こえて、一喜一憂していまいますが、スルーでOKです。 自己満足でいいんです。

不利でも新しい事始めたあなたを尊敬します。

▼オススメ資格紹介はこちらです。

noboyu.hatenablog.com

© 2017 のぼゆエンジニアリング