のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

最近(2015~)のAutoCADの外観をクラシック風にする方法。リボンが苦手なら快適になるよ

CAD

AutoCADのリボンUI、私は苦手です。 2015辺りからはクラシック外観へ一発で戻すメニューが無くなってしまいました。 でも手動で近づける事が可能です。

『Fusion 360 Masters』クリエイターがCADを使う瞬間をのぞき見

『Fusion 360 Masters』という本を読みました。 クリエイターがCADを使う様子を見られる、というのが面白いです。

『続・実際の設計 [改訂新版] 』旧版と読み比べ

『続・実際の設計』(日刊工業新聞社)に改訂新版が出たので、読んでみました。 旧版と比較すると、立ち位置が上流工程視点に変わった印象です。

資格は実務にどう役立ったか?

「実際の業務で資格が役に立った事、関連があった事を教えて下さい」 という内容のメールを読者の方から頂きました。 というわけで、資格が実務の何にどう役立ったか?を実際の個人的な経験から書いてみました。

強引に環境を変えた経験談。勝手にリモートワークが楽しかった

会社員時代、職場の作業環境が悪すぎて、ゴリ押しでリモートワークをしたことがあります。 その時の感想を書いてみます。

AutoCADでアイソメ図用に、図形を変形する方法。ちょっとしたテクニカルイラストに便利

CAD

AutoCADでアイソメ図用に、図形を変形する方法を紹介します。 仕事で取説や組立指示書などの為、テクニカルイラスト(立体図)を描くことがあります。 メインツールは3DCADですが、AutoCADでそれっぽいものを書きたいときに使っているテクです。

不器用な素人が、手作りの板金筐体で得たコツを7つ紹介

以前、工作の習作で時計を作りました。 図面をゼロから描いて、全て手作りです。 一番大変だったのは、板金筐体製作でした。 手作りゆえの苦労と発見があったので、まとめておこうと思います。

技術雑誌『ツールエンジニア』に寄稿しました

技術雑誌『ツールエンジニア』2017年4月号(大河出版)に、寄稿記事が掲載されました。 特集を構成する記事の一つとして、4ページ分です。

AutoCADで複数図面の文字列を一括置換する方法。正規表現も使える「srxText」が重宝。

CAD

例えば100枚の図面に書いた文字を置換して修正する場合。 デフォルトでは1枚ずつの作業になります。 やってられないので、楽できる方法を調べました。 よいツールがあったので、紹介します。

技能検定は、得点の開示請求ができるよ。不合格でもOK。

技能検定は、得点の開示請求ができますよ。

詳細設計で役立つミニTips。AutoCADでショートカット一発で新規レイヤを作るマクロ。

AutoCAD(LTでもok)で設計検討する際に、よく使うTipsを紹介します。 具体的にはショートカット一回でレイヤを作れるようにする。 カスタマイズと言うほど大仰な事ではないのですが。 ちりも積もればでじわじわと作業効率が上り、効いてくる感じです。

「『図面を描ける』ってどういう事?」― 手綱を握る事だと思う

「図面をかけるとはどんなことか」「図面をかけるようになるには」という質問を読者の方から頂きましたので、考えてみました。

機械製図技能検定2級、一週間前の悪あがきを紹介するよ。

技能検定はもう来週に迫りました。 仕事が忙しくて、結局一回も練習できていない人もいるのでは? 私も初回はそんな感じでした。 そんな人の為に、私がした悪あがきを紹介します。

エクセルで複数のブックを結合して、検索・抽出する方法。Power Queryで簡単にできたよ

2017/9/25追記 複数のエクセルブックのデータを結合する方法を、紹介します。 一つのエクセルファイルになるので、オートフィルで抽出したり、並べ替えたり。 エクセル上でいつも通りにデータを扱えます。

フリーランスになる踏ん切りがつかないなら、まずは可処分時間を増やすといいと思った

私がフリーランスをやろうかなと考えたのは、会社を辞めてからでした。 辞める前は自営なんてのっけから除外していて、踏ん切りもつきませんでした。 選択肢として考えられたのは、「自分の時間が増えた」からだと思うんです。

「辞める人」「宇宙人」に感じたわくわく。環境を自ら変える人に励まされてきた

私には勝手に慕っている人が居ます。 どんな人かというと、会社にいた「辞める人」や「宇宙人」です。

AutoCAD と AutoCAD LTの違いって何?―私が実務上で感じた最大の利点を書く

AutoCAD と AutoCAD LTの違いは、大きくは3D機能の有無です。 しかし2D作図しか使わなくとも、LTには無い大きなメリットがあります。

ブログで初めての年末です。ありがとうございます。

今年の1月にブログを開設して、ほぼ1年が経ちました。 いつも読んで下さる皆様、ありがとうございます。

機械製図技能検定2級の直前1か月計画 ― あきらめずに今からでも準備してみよう

もう12月。今年度技能検定を受ける人には、受験票が届く頃です。 試験日まであと1か月ですが、もう時間がないと諦めていませんか? そこで今日は直前にやることを記事にしました。

近所のブラック会社か、遠くのホワイトか。迷うので疲労度マップを書いてみた

近所のブラック会社か、遠くのホワイトか。 私なら迷う選択肢です。 そこで、働きやすさを疲労度マップで考えてみました。

「仕事を初めて始めたころの生活はどんな感じ?」ふりかえって、エピソードを6つ。

「仕事を初めて始めたころの生活はどんな感じ?」という質問を読者の方から頂きました。 思い出しながら記事にしてみました。 書きながら思いましたが、辛い事はずっと覚えていました。 我ながら根に持つタイプです。

超初心者向け。材料力学のBMD (曲げモーメント図)書き方マニュアル

材料力学のSFD/BMDの超初心者向け書き方マニュアルを書きていきます。 この記事では学問的ではなく「試験問題を解くためだけの作業マニュアル」を目指しました。 今回は、BMD(曲げモーメント図)です。

この前作ったArduinoクレーンゲームの作り方を紹介。【装置のハード構成の巻】

以前、Arduinoクレーンゲームを作った記事をアップしました。 追加情報として、クレーンゲームのハードの詳細を書いていきます。 図面も公開しながら、工作の参考にして頂けるくらい具体的に書いていこうと思います。 まず今回は、装置のハード構成の説明で…

超初心者向け。材料力学のSFD(せん断力図)書き方マニュアル

材料力学のSFD/BMDの超初心者向け書き方マニュアルを書きていきます。 この記事では学問的ではなく「試験問題を解くためだけの作業マニュアル」を目指しました。 まずは、SFD(せん断力図)から始めます。 2017/7/28 追記(例題2.等分布荷重の場合)

AutoCADとAutoCAD LTで、大量の図面を処理する方法のまとめ。例えば複数のDXFファイルを一括変換するなど、色々できます。

例えばAutoCADで描いた図面を、別CADへの受け渡す為にDXF変換。 数枚なら1枚ずつ手作業でも良いですが、大量にあるととても時間がかかります。 そこで、こういう類の単純作業を複数図面へ自動で適用する方法をまとめました。

『FN-M16P(DFPlayer Mini)』電子工作で音楽(MP3)を鳴らすなら、これ。Arduinoから制御もできるよ。

AuduinoでMP3を鳴らすのに、便利な基板がある。 購入してみたので、機能や使い方を紹介する。 2017/4/15 修正(シリアルコマンドの使い方)

バラシって何?― 身に付くことや訓練方法の紹介

先日、お問合せで「バラシって何?」という内容を頂きました。 私も初心者の頃、会社でよく聞くものの意味がわかりませんでした。 そこで未経験者や初学者の方へ、記事にしてみました。

機械製図技能検定3級の作戦まとめ。2級への足掛かり

機械製図技能検定3級の対策作戦を、まとめてみました。 2級の受験資格を満たさない人でも、3級はすぐに受けられます。

リストに挙げた名前のフォルダを、一括して作る。更にファイルをそのフォルダに振り分ける。バッチ処理で一瞬

PCを整理していて、フォルダをたくさん作る機会があったのでバッチ処理をやってみました。 今までは大量にフォルダを作る時、手作業でひたすらやっていました。 なんてことをしていたんだ・・・

まずはお買いもの。新規設計は最後の手段

機械設計者は「ゼロから物を産み出す人」と始めは思っていました。 しかし仕事をして感じたのは、「なるべく新規設計はしたくない」です。

© 2017 のぼゆエンジニアリング
About記事一覧お問合せ