読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

CAD

1000円以下。テンキーでAutoCADコマンド用の操作盤を作りました。安くて簡単で快適です

AutoCADコマンド操作用のキーボードを作りました。 すごく便利なので、作り方を紹介します。 cadに限らず、エクセルなどショートカットキーで操作できるソフトなら適用可能です。

最近(2015~)のAutoCADの外観をクラシック風にする方法。リボンが苦手なら快適になるよ

CAD

AutoCADのリボンUI、私は苦手です。 2015辺りからはクラシック外観へ一発で戻すメニューが無くなってしまいました。 でも手動で近づける事が可能です。

AutoCADでアイソメ図用に、図形を変形する方法。ちょっとしたテクニカルイラストに便利

CAD

AutoCADでアイソメ図用に、図形を変形する方法を紹介します。 仕事で取説や組立指示書などの為、テクニカルイラスト(立体図)を描くことがあります。 メインツールは3DCADですが、AutoCADでそれっぽいものを書きたいときに使っているテクです。

AutoCADで複数図面の文字列を一括置換する方法。正規表現も使える「srxText」が重宝。

CAD

例えば100枚の図面に書いた文字を置換して修正する場合。 デフォルトでは1枚ずつの作業になります。 やってられないので、楽できる方法を調べました。 よいツールがあったので、紹介します。

詳細設計で役立つミニTips。AutoCADでショートカット一回で新規レイヤを作るマクロ。

AutoCAD(LTでもok)で設計検討する際に、よく使うTipsを紹介します。 具体的にはショートカット一回でレイヤを作れるようにする。 カスタマイズと言うほど大仰な事ではないのですが。 ちりも積もればでじわじわと作業効率が上り、効いてくる感じです。

AutoCAD と AutoCAD LTの違いって何?―私が実務上で感じた最大の利点を書く

AutoCAD と AutoCAD LTの違いは、大きくは3D機能の有無です。 しかし2D作図しか使わなくとも、LTには無い大きなメリットがあります。

AutoCADとAutoCAD LTで、大量の図面を処理する方法のまとめ。例えば複数のDXFファイルを一括変換するなど、色々できます。

例えばAutoCADで描いた図面を、別CADへの受け渡す為にDXF変換。 数枚なら1枚ずつ手作業でも良いですが、大量にあるととても時間がかかります。 そこで、こういう類の単純作業を複数図面へ自動で適用する方法をまとめました。

粘土の模型をReMakeで3D化して、Fusion360で活用。設計が捗りそう。

粘土でこねるように3Dができたらなあ…とよく思います。 複雑な形状だと、設計検討よりもモデリング作業に労力を持っていかれがちで。 じゃあ本当に粘土をコネればいいじゃん、ということで粘土から3Dモデル化してみました。

AutoCADが捗るコマンド・ショートカット。玄人っぽく見せよう!

AutoCADでの作業が捗るコマンド・ショートカットを集めた。 製図作業などでガッツリと図面を描くときに差が出る。 時間短縮だけじゃなく、アイコンをポチポチするよりも疲れ具合が違う気がする。 基本コマンドに絞っているので、マウス派の人も試してみてほ…

簡易3Dスキャナでモデリングを省力化。無料で写真から3D化してソリッドデータにする方法だよ。

3Dスキャナを買わずに、実物の写真から3Dデータ化する方法の紹介。 スキャンしてから、普段使いの3DCADへのインポート手順も書いた。 とても便利だ。

AutoCADでモデル空間の図面を連続印刷する方法。少しは楽になるよ

たかが印刷って思うかもしれないけど、けっこう時間の節約になる。 残業時間をちょっとでも減らせるかも。 レイアウト空間の連続印刷についても説明している。

新しいCADを使う時の練習用図面。単純だけどストレスが減ったよ

使い慣れないCADを使うのって、ストレスを感じるシーンではないだろうか? 少しでもスムーズに新しいCADに移行できるよう、私は個人的にに機能チェック用の練習図面を作っている。

© 2017 のぼゆエンジニアリング