のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

『要点で学ぶ、デザインの法則150』意識を上流へ上げてくれるよ

『要点で学ぶ、デザインの法則150』という本を読みました。 見開き1テーマで、デザインの法則が解説された本です。 すらすら読めて、面白い本でした。

AutoCAD LTで、大量の図面を処理するスクリプトファイル。エクセルマクロで手間が省けるよ

CAD

AutoCAD LTで大量の図面を処理するには、少し手間がかかります。 そこで、省力化のためにエクセルマクロを書いてみました。

Windowsのエクスプローラーをタブ化。「QTTabBar」の設定例と方法を紹介

Windowsのエクスプローラーをタブ化すると、ファイル管理の効率が向上します。 タブ化はデフォルトでは無理ですが、「QTTabBar」というツールを使えば実現可能です。 「QTTabBar」のおすすめ設定と方法を紹介します。

技能検定(機械製図CAD作業)、実技試験の流れを動画にしました

機械製図技能検定の実技を始めて受験する人向けに、解説動画を作ってみました。

機械設計技術者試験、過去問の進め方。勉強方法がわからなくて、なかなか手がつかない人へ

機械設計技術者試験、過去問の進め方を具体的に書いてみました。

資格試験過去問は、小冊子にすると勉強が捗るよ

私は資格試験の勉強開始時には、まず「過去問の小冊子」を自作しています。 この記事ではそのメリットと作り方を紹介します。

Amazon Music Unlimitedを使ってみた。クラシック音楽を存分に楽しんでいます

2017年11月8日より、Amazon Music Unlimitedが日本でも開始されました。 早速利用しているので、感想を書きました。

材料力学、梁(はり)の分布荷重の計算方法。公式通りの積分で簡単に解けるよ

材料力学で必ず出くわす梁(はり)の問題。 分布荷重の簡単な解き方を説明します。 積分を使いますが、公式通りの計算なので難しくはありません。

【機械力学編】機械設計技術者試験3級向け、ミニ暗記本を作ったよ

機械設計技術者試験3級向けに、よく使う公式を書きだした暗記本を作りました。 今回は、機械力学編です。 A4のコピー用紙1枚で、たたむと小さな本になります。

「動く肖像画」を作りました。人を検知すると笑います。簡単に作れるのでドッキリにいかが?

「動く肖像画」を作ってみました。 人が来ると動き出す仕掛けです。 WindowsとArduinoで簡単に作れるので、作り方を紹介します。

時間をコントロールするために必要なことは?何でもプロジェクトとして考えてます

お問合せを頂いたので、回答を記事にしてみました。

「レバテッククリエイター」に当ブログの記事が紹介されました

IT・Web業界向けの求人・案件提案サービス「レバテッククリエイター」のtipsに当ブログの記事が紹介されました。

機械設計技術者試験、「工作法」のポイント

機械設計技術者試験の直前対策として、「工作法」の勉強ポイントをまとめました。 なじみがなくて当てずっぽうでは答えづらい項目を優先して選んでいます。

「BricsCAD」でクイック選択をする方法

CAD

クイック選択とは、色など属性条件でフィルターして特定の図形だけを選択する機能です。 AutoCADでよく使っていましたが、もちろん「BricsCAD」にも備わっています。 操作方法が少しだけ違うので、紹介します。

機械設計技術者試験、「機械製図」の重点。直前に眺めるざっくりまとめ

機械設計技術者試験の直前対策として、「機械製図」の重点をまとめました。 つい忘れがちな項目を優先して選んでいます。

AutoCADから「BricsCAD」に乗り換えた。使用感や最低限の環境の整え方をレポします

CAD

長らく使っていたAutoCADから「BricsCAD」に乗り換えました。 特に問題もなく、大幅に維持費を抑えられてうれしく思っています。 検討過程や使用感を、まとめました。

流体力学、液注計(マノメータ)の計算問題での式の立て方。ルールを押さえて順を追えばOKです

液注計(マノメータ)の計算問題、圧力差の式の立て方の解説です。 機械設計技術者試験や技術士一次試験など、資格試験の流体力学の勉強向けに書きました。 時間がかかっても暗記なしで辻褄のあう式を立てられるようになるのが、この記事の目的です。

機械設計技術者試験、「流体力学」の頻出公式。直前に眺めるざっくりまとめ

機械設計技術者試験の直前対策として、「流体力学」の頻出公式と、簡単な例題をカード形式でまとめてみました。 直前に眺めて、暗記した公式を思い出すのが目的です。

技能検定、公示。機械製図の学科は2018/1/28。実技は2018/1/21

技能検定後期の試験予定が公示された。 機械製図の試験日は学科:来年の2018/1/28、実技は2018/1/21。

機械設計技術者試験、「工業材料」の重点。直前に眺めるざっくりまとめ

機械設計技術者試験の直前対策として、「工業材料」の重点をまとめました。 自分の経験から、よく忘れて点を落としがちな項目を選んでいます。

「Script Writer」が便利。AutoCAD上で複数図面にコマンドを適用できるよ。互換CADで使える場合もあります

CAD

「Script Writer」というAutoCADのLispツールを紹介します。 AutoCAD上で、複数図面へコマンドを一括適用することができます。

格安コインセレクターを、Arduinoに接続してみた。動いたので、方法と実験結果をレポートします

ノーブランドの格安コインセレクターを、Arduinoと接続してみました。 ちゃんと信号をArduinoで受けられたので、安く簡単に工作の幅が広がりそうです。

2D・3DCAD用にデスクトップPC「DAIV-DQZ510H2-SH3」を買いました。感想は、満足!です

PCを買い換えました。 マウスコンピューターの「DAIV-DQZ510H2-SH3」です。 税込30万未満でモニターまで揃って、CADも快適に動いています。

「片持ちばり」のSFDとBMD。集中荷重と等分布、三角分布荷重の3パターンの計算を解説するよ

片持ちばりのSFDとBMDの書き方を解説します。 基本的な3つのパターンに分けて書きました。

機械設計技術者試験、試験日は11/19。出願受付は2017/8/1~9/22まで

今年度の機械設計技術者試験の受付が来月から始まる。 試験日は2017/11/19(日)、出願受付は2017/8/1~9/22AM。

Excel、PowerPoint、Wordで使うオリジナル図形。イラレが無くても無料で書けます

資料作成の際、挿入する図表はCADで書くと綺麗で速いです。 エクセル・パワポ・ワードに読み込むと、オフィス上で線の色の編集も可能です。

工数見積下手の工夫。毎回振り返り、実績を記録すると損が減った

私は個人事業主として、図面仕事を頂いて納めるという請負仕事をしています。 仕事の開始当初、一番の苦手は見積でした。 たいてい、少なくしすぎて赤字を出してしまうのです。 最近はマシになってきたので、自分なりの対策を書いてみます。

AutoCAD互換の「IJCAD」、2D業務での使用感と違いをレポート。維持費が大幅にダウンできそうです

AutoCADやLTは便利ですが、サブスクリプション制なので維持費が延々とかかります。 そこで、AutoCAD互換の「IJCAD」の導入を検討しました。

機械設計技術者試験 2級の勉強法とおすすめ参考書。過去問を軸に独学でOKです

機械設計技術者試験 2級の勉強法とおすすめ参考書を紹介します。 2級となると3級取得後でも身構えてしまいますが、効率よく勉強を進めていけば大丈夫です。

モールの応力円とは?意味と書き方を、計算をすっとばして説明するよ【超初心者向け】

材料力学で出てくる「モールの応力円」。 この記事では、その意味と書き方を解説します。 とりあえず、参考書の例題レベルを解けるようになるのがゴール。 超初心者向けです。

© 2017 のぼゆエンジニアリング
About記事一覧お問合せ